JR西日本、観光列車「旅万葉」の運行開始

  • 2009年12月5日

 JR西日本は奈良県と和歌山県を走る桜井線と和歌山線の観光振興と利用促進を図るため、一般から公募したラッピングデザインの観光列車「旅万葉」の運行を11月29日から開始した。

 デザインコンセプトは万葉集。登場する歌人は、藤原鎌、柿本人麻呂、額田王、大伴家持、大伴旅人、山上憶良。今後4〜6年間、「旅万葉」をテーマにラッピング列車を増やし、最終的には4種類の観光列車が沿線を彩る予定だ、

 内装デザインコンセプトは「大和の山中への誘い」をテーマに藤原京を中心とした360度に広がる大和の山々を描いた。万葉の時代から大和の山中に生息し、歌に詠まれた草花や鳥などのイラストを描き起こした。

 ドア上のポスターでは、外装に掲載された歌人と歌の解説を行い、万葉集をわかりやすく、親しみやすく紹介する。

 運行開始を前に28日、車両展示会が京都駅と大阪駅で、29日には奈良県内の桜井駅、御所駅、吉野口駅、五条駅で実施され、桜井駅では「旅万葉」出発式も行われた。

 11月30日からは通常ダイヤに組み込まれて運行される。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram