JR東とNTT、列車や駅の混雑緩和へ共同実験

  • 2022年2月12日

 JR東日本とNTTドコモ、日本電信電話(NTT)は1月24日、鉄道を利用する人に混雑を避ける行動を効果的に促す技術(行動変容促進技術)の有効性を検証するための共同実験を始めた。対象は日常的にJR山手線を利用する人、約1千人。行動変容を促すメッセージをスマートフォンに配信することで、列車や駅の混雑を避ける行動を行うかを検証している。3月31日まで。

 共同実験は、密集や混雑を回避する「新しい生活様式」の実践が求められる中で通勤スタイルが変化するなど、多様化する人々の状況に応じた行動変容促進技術の有効性を検証するために実施している。

 共同実験では、人々の行動変容を促すメッセージを、ドコモが提供する「dポイントクラブ」アプリで配信。実験参加者はアプリ上でメッセージに応じた行動変容の有無を回答する。

 「列車や駅の混雑時間を避ける行動や、徒歩や自転車(バイクシェア)などの代替移動手段を利用する行動を促す。さらに、実際の行動変容の関連性を分析し、鉄道の混雑解消における行動変容促進技術の有効性を検証する」と関係者。

 今後は、行動変容技術のさらなる高度化を図るとともに、多様な個々人ニーズと社会全体の課題(混雑解消、安心・安全、経済成長、脱炭素など)にバランスよく対応する移動環境の実現に資する技術開発を進める。共同実験で得られた成果を元に、より大規模な実証実験の実施や商用サービス化を目指す。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram