JR九州とANA、九州活性化へ連携

  • 2019年7月9日

インバウンド誘客に重点

 JR九州と全日本空輸(ANA)は6月26日、九州のさらなる地域活性化の実現に向け、連携して取り組むことで合意したと発表した。外国人観光客の取り込みに重点を置いている。

 ANAの観光情報多言語発信サイト「ジャパン・トラベル・プランナー」で、JR九州の特徴である「D&S(デザイン・アンド・ストーリー)列車」を特集する。これにより、列車に乗ることを目的とした観光需要の喚起を行うとともに、沿線上の観光コンテンツをピックアップし、外国人観光客に九州の魅力をアピールする。

 また、9月から始まるラグビーW杯期間中に、試合が行われる福岡、熊本、大分を中心に九州北部エリアをお得に旅行できる訪日客向け鉄道周遊切符「ANA&JR九州レールパス」を一部のANA国内線機内で販売する。
販売期間は9月1日から10月31日を予定し、東京と福岡、大分、熊本を結ぶ3路線で販売。3日間と5日間用の2種類設定し、機内販売価格はそれぞれ7500円、9千円とする。

 エリア内の新幹線、特急・普通列車の指定席が乗り放題となる。

 両社は「連携して現地を訪れる方々の利便性を向上させる取り組みを推進することで、広く観光客を呼び込み、地元の経済を潤し、活気にあふれた九州を築いていく」と話している。

関連する記事

otomoなどと連携 日本旅館協会東京都支部(石井敏子支部長)は、海外に旅館の魅力を発信するプロジェクトを推進している。訪日外国人旅行者向けのプライベートツアー事業などを…

続きを読む

米国の大手旅行雑誌「コンデ・ナスト・トラベラー」が毎年秋に発表する読者投票ランキングの結果が7日に発表され、「世界で最も魅力的な大都市ランキング」の1位に東京、2位に京都、…

続きを読む

大阪観光局は9月25日、「大阪MICEビジネス・アライアンス2019年度第1回定例会」を大阪市中央区の綿業会館で開いた。 G20大阪サミット関西推進協力協議会特別アドバ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube