JMCの省エネ電球、温暖化防止も

  • 2009年7月4日

 経営の課題としてコスト削減を挙げる旅館・ホテルは数多い。JTBグループのJMCが販売する省エネ電球「キャンボール」は、白熱電球からの取り換えで電気代の削減を実現。CO2も減らせ地球温暖化の防止にもなる。

 日本最小の消費電力、3ワットタイプは一般の白熱電球の20ワット相当の明るさ。また、5ワットタイプは30ワットに、7ワットタイプは40ワットに、13ワットタイプは60ワットに相当するという。

 同社の試算によると、例えば、客室廊下のブランケットにミニクリンプトン球40ワット形(消費電力36ワット)を300個、24時間・365日使用した場合の年間電気代は113万5千円。これがキャンボール3ワットタイプなら年間電気代は9万4千円で、その差額は104万1千円にもなる。「電気代の削減分はそのまま利益として残る」(同社)。

 キャンボールの採用を思案する旅館・ホテルに対しては、現地での調査を基に電気代とCO2の削減効果の報告書を作成して提案。その効果の程を分かりやすく具体的に示すという。

 問い合わせ先はJMC(東京都中野区本町2-461中野坂上サンブライトツイン10階、TEL03・5371・3264)。

関連する記事

ゆこゆこホールディングス(ゆこゆこ)はこのほど、マガジンハウスが発行する雑誌「Hanako」とコラボレーションし、「いい湯に出会う旅。保存版温泉本」=写真=を発行した。と…

続きを読む

ピクセラ(大阪市)は10月30日、旅館・ホテル向けの4Kチューナー内蔵テレビ「BIZmode」を発表した。40型、43型、50型、55型の4種類を用意する。 テレビは、…

続きを読む

11⽉18⽇からスタートする「世界イタリア料理週間」にて、書籍『現地発! イタリア「街グルメ」美味しい話』(世界文化社刊)の著者・⼤⽮⿇⾥さんのトークイベントが開催されます…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube