JARC、訪日富裕層旅行市場テーマにセミナー JNTO柏木理事が講義

  • 2019年5月13日

JNTOの柏木理事(左)

 宿泊施設関連協会(JARC)は4月25日、日本政府観光局(JNTO)の柏木隆久理事を講師に招き、第13回JARCゼミナール「訪日富裕旅行の増大施策の展開」を全国旅館会館の同協会事務所(東京都千代田区)で開いた。

 柏木氏は富裕旅行業界について「欧米豪の富裕旅行者と業界の接点は、コンシェルジュデスク・会社、コンソーシアム加盟のトラベルエージェント、ツアーオペレーター。細部にいたるカスタマイズと俊敏な対応が求められるため、富裕層とのコネクションを持つ小・中規模の組織が中心で、富裕層市場におけるエージェントなどの影響力は根強い」と説明。また、JNTOは富裕旅行市場を「費用制限なく満足度の高さを追求した高消費額旅行を行う市場」と定義。具体的には、定量・定性調査の裏付けを基に「旅行先における消費額が100万円以上/人回」をターゲットとしての富裕旅行と位置付けているとした。

 欧米豪5市場の富裕旅行の推計市場規模については、米国が消費額3.6兆円・人数207万人・単価173万円(人/回)で最も多く、次いで英国の同1.0兆円・同55万人・同188万円、ドイツの同0.8兆円・同62万人・同132万円、豪州の同0.3兆円・同8万人・同371万円、フランスの同0.2兆円・11万人・同228万円と紹介。5カ国計で同6.0兆円・同343万人・同174万円と紹介した。5カ国平均の消費額単価174万円/人回は、訪日旅行全体平均の10倍以上に上る。

 これら5市場の富裕層旅行者のうち日本が獲得できているシェアは1.4%でタイを下回り、「まだまだ富裕層旅行の取り込みができていない」と分析。「日本の売りは特別な文化・本物の体験であり、欧米豪市場の富裕層旅行者の嗜好に合致している」と述べた。

 2019年度からは欧米豪に加えて中東市場へのプロモーションを開始すると発表。GCC(湾岸協力会議)加盟6カ国であるアラブ首長国連邦、サウジアラビア、オマーン、バーレーン、クウェート、カタールの富裕旅行をターゲットにすると話した。


JNTOの柏木理事(左)

関連する記事

訪日向けに63言語対応 スーパーホテル(大阪市西区)は5日、訪日外国人向け多言語通訳サービス「AI通訳」「映像通訳」を、一部店舗を除き導入した。グローバル化する宿泊ニーズ…

続きを読む

KNT関西は、インバウンド個人旅行者をメインターゲットに、大阪・京都市内から北近畿エリアへのダイレクト周遊観光バスの実証実験運行を実施する。 KNT-CTホールディングス…

続きを読む

「サムライボトル兜」が羽田空港国際線出国エリア内 特設会場で本日から販売されている。 総合広告代理店 株式会社アンカー(本社・東京都中央区、代表取締役:増田成衛)は、日本…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube