JALUX、ラオス国首都ビエンチャン・ワッタイ国際空港に免税店開業

  • 2020年2月27日

 JALUXは、ラオス国首都ビエンチャン・ワッタイ国際空港に免税店を開業する。

株式会社JALUX(ジャルックス:代表取締役社長:篠原昌司 東証1部:コード2729)は、2020年3月、ラオス人民民主共和国(以下:ラオス国)の首都ビエンチャンにあるワッタイ国際空港に、日本の企業としては初めて、免税店WATTAYINTERNATIONAL AIRPORT DUTYFREEをオープンします。当社における海外空港免税店運営は、ベトナムに続き2カ国目となります。なお、2月19日より出発エリアの店舗をプレオープンしています。

 

JALUXは、国内27空港に展開する空港リテール事業(店舗「BLUESKY」・免税店舗「JALDUTYFREE」の運営や免税品の卸販売事業)のノウハウを活かして、2016年より、ベトナムにて空港免税店の運営を行っています。2020年2月現在、ハノイ・ノイバイ国際空港とダナン国際空港で合計5店舗を運営し、接客サービスや物流、品ぞろえなどの点においてお客さまからご好評をいただいています。

また1999年にラオス空港公団、豊田通商株式会社とともにワッタイ国際空港の国際線ターミナル運営会社「Lao-JapanAirport Terminal Services Co.,Ltd.」を設立し、以後20年以上にわたりワッタイ国際空港ターミナルビルの運営に携わってまいりました。同空港の2019年の年間国際線旅客数は176万人と運営開始時の10万人から大きく拡大し、質の高い運営はラオス国政府からも評価をいただいています。

 

今般、これらの知見をいかし、現地パートナー企業であるAMZGroup Co.,Ltd、当社グループのJAL-DFS、JALUXの3社による合弁会社JALUXAMZ DUTY FREE CO.,LTD. が、免税店舗の運営を開始します。日本の空港リテール事業およびベトナムでの免税店舗運営で培ったマーチャンダイジング、おもてなしの接客、店舗レイアウトなど、お客さまのニーズにこたえる魅力的な店舗を運営してまいります。

今後も、ASEAN地域においてさまざまな領域で事業展開を行い、地域の経済発展に寄与してまいります。

 

【店舗概要】

店舗名 :WATTAY INTERNATIONAL AIRPORT DUTY FREE
店舗場所 :出発エリア1店舗、到着エリア1店舗
営業時間 :6:00~24:00(予定)
取扱商品 :アルコール類、タバコ、菓子類等

【店舗イメージ】

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram