JAL JALX、クラファンサイト開設 自治体企画を支援可能

  • 2022年10月12日

イメージ

 日本航空(JAL)とJALUXは1日、「次世代応援」「自然環境保護」を目的とする自治体のさまざまなプロジェクトを直接支援できる「JALふるさとクラウドファンディング」サイトを開設した。両者が展開するふるさと納税の仕組みを活用。自治体とJALが協力して地域の課題解決につながるプロジェクトを立ち上げる。

 JALグループは地域の発展、経済活動の活性化を目的に「JALふるさとプロジェクト」を展開。両者は、2020年11月から「JALふるさと納税」ポータルサイトを運営している。

 JALふるさとクラウドファンディングは、離島・中山間地域の次世代人財を応援する「次世代応援」、自然環境の保護と地域活性化の両立を応援する「自然環境保護」をテーマに掲げ、これらに合致する各自治体のプロジェクトに対して、寄付ができるというもの。

 寄付者は、通常のふるさと納税と同様に、プロジェクトにより返礼品などを受け取れるほか、プロジェクトの進捗(しんちょく)度合いや活動報告を確認できる。

 寄付対象となるプロジェクトは、自治体と協力して実現。JALグループが観光振興や地域産業支援などで培った各地域とのつながりや、JALふるさと納税の取り組み実績、JALUXの食品ギフト事業などで培ったノウハウを生かし、プロジェクトの立ち上げからサイト運営の支援、情報発信などを担う。

 第1弾には、鹿児島県徳之島町のプロジェクトが二つ決定している。今後は、自治体のみで実施されるプロジェクトも、寄付対象として追加になる予定。


イメージ

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram