JAL・京急電鉄・神奈川県、 共同企画でラッピング列車「行こう!秋の三浦半島」運行

  • 2019年9月19日

 JALと京急電鉄、神奈川県は、 共同企画でラッピング列車「行こう!秋の三浦半島」を9月29日から運行する。

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)は、京浜急行電鉄株式会社(本社:横浜市西区、社長:原田 一之氏、以下「京急電鉄」)および神奈川県(知事:黒岩 祐治氏)と共同で、「行こう!秋の三浦半島」と題し、三浦半島の魅力を詰め込んだラッピング列車を運行します。

これは、世界各地から首都圏へ向けた旅客誘致を目指すJALと、三浦半島エリアへの旅客誘致を目指す京急電鉄および神奈川県が共同で実施する企画です。3者が提携することで、世界各地から三浦半島へお客さまの誘致と三浦半島の魅力発信を行い、地域の活性化を図ります。

ラッピング列車には、「JALで世界から 京急で三浦半島へ」のキャッチフレーズと、三浦半島の風光明媚な写真を車体にラッピングするほか、中吊り広告や窓上広告もすべて特別デザインになっています。さわやかな秋の三浦半島へ、特別なラッピング列車でお越しいただけます。

JALと京急電鉄および神奈川県は、都心からわずか1時間圏内でありながら自然豊かな三浦半島の魅力発信と、世界各地からの誘客に向けて、今後も新しい企画を検討してまいります。

【ラッピング列車概要】
運行期間: 2019年9月29日(日)から11月3日(日)まで
運行路線: 羽田空港~都心方面(都営浅草線・京成線・北総線へ乗り入れ)、泉岳寺駅~三崎口駅間
対象車両: 1000形1065編成(8両編成)
実施内容: キャッチフレーズ「JALで世界から 京急で三浦半島へ」のロゴと、三浦半島の風光明媚な写真を
車体にラッピングするほか、中吊り広告や窓上広告もすべて三浦半島の魅力がつまった特別デザイ
ンになっています。

 

関連する記事

阪急交通社は、JR東日本が5日から運行を始める観光列車「海里」を貸し切るツアーを発売した。「旅行会社で貸し切るのは当社が初めて」という。鉄道ファンの関心を集めそうだ。 …

続きを読む

日本旅行業協会(JATA)東北支部(吉田圭吾支部長)は1日、仙台国際空港ターミナルで次年度採用内定者対象の合同セミナーを行った。日本旅行東北、近畿日本ツーリスト東北、名鉄…

続きを読む

知名度向上、誘客拡大へ JR西日本は9月24日、中国最大のEC事業を手掛けるアリババグループとの提携を発表した。アリババの顧客層に向けて、西日本エリアの観光地の地名度を上…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube