JALグループ、海外交通・都市開発事業支援機構と SAFに係る連携強化に向けた協力覚書を締結

  • 2022年12月28日

 JALグループは2022年12月19日、海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN、東京都千代田区、武貞達彦社長)(*1)と、海外におけるSAFの製造・調達などを目指す事業(「SAF関連事業」)に関して、相互に協力するための覚書を締結したと発表した。JALグループは2050年のCO2排出量実質ゼロに向けて、省燃費機材への更新、運航の工夫、SAF(Sustainable Aviation Fuel:持続可能な代替航空燃料)の活用を掲げており、その取り組みの一環。

相互協力事項
(1)JOINはSAF関連事業への出資機会の拡大を図り、その出資先が製造するSAFをJALに供給することに努める。
(2)JALはJOINが海外で参画するSAF関連事業について、航空事業関連の経験、およびノウハウに基づいたアドバイスなどのサポートを行う。

                      コンセプトイメージ                      コンセプトイメージ

 JOIN との本覚書の締結は、海外でSAFを安定的に調達するための機会の確保・増大に資するもので、JALが「2021-2025年度JALグループ中期経営計画のローリングプラン」で掲げるSAFの利用目標(2025年度に全燃料搭載量の1%、2030年度に10%)の達成につながるものです。

今後も、海外におけるSAFの調達を加速させるとともに、国内においては「ACT FOR SKYの活動」を通じて、業界の垣根を超えたオールジャパン体制で国産SAFの商用化および普及・拡大に取り組んでまいります。

(*1)JOIN (Japan Overseas Infrastructure Investment Corporation for Transport & Urban Development) :日本の知識、技術及び経験を活用し、海外の交通及び都市開発等のインフラ事業を行う日本企業の海外市場への参入促進と、日本経済の持続的な成長への寄与を目的に、官民により2014年に設立されたインフラファンド。
URL : https://www.join-future.co.jp/
(*2)ハンズオン支援 : 事業に対して出資するだけでなく、人材派遣等により、経営課題・事業課題の解決を支援すること。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram