JALとau、次世代通信規格「5G」を用いた空港サービスの実証実験を開始

  • 2018年11月11日

 JALとauは5日、次世代通信規格「5G」を用いた空港サービスの実証実験を開始すると発表した。

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下JAL)、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下KDDI)および株式会社KDDI総合研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島康之、以下KDDI総合研究所)は、共同で次世代通信規格「5G(*)」を用いた航空サービスに関する実証実験を開始します。

(*)5Gは以下の特長を持った次世代通信規格で、2019年以降順次日本に導入予定です。
・高速・大容量(4Gと比べて約20倍)⇒4KやVRなどのリッチな映像体験などが可能
・多接続(4Gと比べて約10倍⇒各種センサーデータとリアルタイムに連携
・低遅延(4Gの1/10以下)⇒遠隔地をリアルタイムに体験することが可能

【実証実験内容】
①   5G専用端末によるタッチレス搭乗ゲート
スマートフォンの専用アプリ等で事前チェックインを実施すると、搭乗ゲートに設置した5G機器が自動的かつ素早くチェックイン情報の検知・認証を行い、カバンなどからスマートフォンを取り出すことなく、スムーズに搭乗ゲートを通過することができます。

②   お客さまのニーズに合わせた情報配信
ラウンジなどの特定エリアを対象に、そこに滞在しているお客さまのみが視聴可能なコンテンツを配信します。「5G」ならではの、VRを含めた高精細な映像やご案内などの特別な内容をご覧いただくことができ、それぞれの空間やお客さまのニーズに合わせた最適なコンテンツの提供が可能となります。

③   位置測定
スマートフォンなどの携帯端末から空港内における滞在位置を「5G」を活用して把握し、その位置からゲートまでの道順や搭乗予定時刻のご案内をお送りすることで、適時適切なコンテンツの提供、スムーズな搭乗の実現を目指します。
この実験は、開設した「JAL Innovation Lab(以下、ラボ)」(*)内に、5G通信環境を備えた搭乗ゲートなどの空港施設を模した施設をKDDIおよびKDDI総合研究所と再現し、実際のご利用状況を想定した新サービスの実証実験を行います。自社施設内で行う「5G」の実験は、航空会社としては、日本で初めてであり、状況に応じたレイアウト変更などが可能となるため、精度の高い検証が可能となります。

 

 

 

【各社の役割】
JAL
・ 空港・機内などにおける新しい体験の企画、開発
・ 「JAL Innovation Lab」の提供

KDDI
・ 5G環境の提供

KDDI総合研究所
・ 5Gの無線特性を生かした独自の技術開発
・ サービス実現に向けた実証実験の実施

関連する記事

「第3回クールジャパン・マッチングフォーラム」では、商談会の申込受付を開始した。 「クールジャパン官民連携プラットフォーム」(事務局:内閣府知的財産戦略推進事務局)主催に…

続きを読む

JTBは、テレイグジスタンス技術を活用したロボティクスとクラウド・データ解析サービスを開発するTelexistence(東京都港区、富岡仁社長)への出資を決定したと11月…

続きを読む

IRのMGMリゾーツは6日、従業員家族を対象とした「MGMリゾーツ奨学金プログラム」の設立を発表した。 MGMリゾーツ・インターナショナルはこのたび、100万ドル(US…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube