JAL、独占禁止法適用除外を国土交通省に申請

  • 2018年10月21日

 JALは9日、中国東方航空 (本社:中国 上海、取締役社長:馬須倫(Ma Xulun)以下、「東方航空」)の双方が運航する「日本=中国間」路線および、JALが運航する日本国内線、東方航空が運航する中国国内線の一部における独占禁止法の適用除外(英語:Antitrust Immunity、以下、ATI)の申請を、国土交通省に対して行った。

JALと東方航空が運航する「日本=中国間」路線および、JALが運航する日本国内線、東方航空が運航する中国国内線の一部について、ATI認可後JALと東方航空は共同事業を開始します。

JALは2002年より東方航空と日本=中国間の両社運航便でコードシェアを実施しており、多くのお客さまにご利用いただいておりますが、ATI認可後、共同事業の実施により、乗継利便性の向上や、路線ネットワークの拡充、商品・サービスの品質向上を図り、多様化するお客さまのニーズにお応えしてまいります。

関連する記事

日本航空グループ(JAL)と全日本空輸グループ(ANA)はこのほど、2月の国内線運行実績をそれぞれ発表した。利用旅客実績は、JALが前年同期比3.1%増の263万6786…

続きを読む

中部国際空港は22日、2018年3月と2018年度(速報値)の運用実績を発表した。 中部国際空港株式会社(所在地:愛知県常滑市、代表取締役社長:友添雅直)は、中部国際空…

続きを読む

ブッキング・ドットコム(オランダ・アムステルダム)の日本法人ブッキング・ドットコム・ジャパン(東京都港区、オセアニア・北アジア地区統括ディレクター、アダム・ブラウンステイ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube