Hotels.com、ペットを投稿してクーポンをもらえる「#チームアニマル評論家」キャンペーン開始

  • 2020年10月9日

 Hotels.comは9月30日、ペットを投稿してクーポンをもらえる「#チームアニマル評論家」キャンペーンを開始した。

• Hotels.com、「チームアニマル評論家」結成に向けてプロのアニマルトラベラーを世界中で募集開始
• ペットとの濃密な時間を過ごした自粛期間を経て、ペットと泊まれるホテルの需要が過去6カ月間で300%急増
• 「分離不安症」と称される、飼い主とペットが離れる際のストレスを、日本の旅行者の32%が経験したことがあると回答
• Hotels.comでは分離不安症を解消いただけるよう、ペットとの旅行に詳しい評論家が選ぶトップクラスのホテルを紹介しています

9月30日より、Hotels.com™ は、世界最高のペットと泊まれるホテルをレビューするチーム「アニマル評論家」のメンバー募集を開始しました。「ワン」ダフルなお話ですね!もし歌姫わんちゃん、いたずらっ子なウサギちゃん、アイドル猫ちゃん、あるいは元気なカエルさんなどを飼っている方がいれば、豪華なスイートルームに宿泊できるこの機会に是非ご応募ください。親友ともいえるあなたのペットと旅行に行けるなんて、一石二鳥ですよね!

Hotels.com の「パグ」フルエンサーであるベルパグと一緒に、チームアニマル評論家のメンバーを募集いたします。新たなアニマル評論家たちは、ペットと泊まれる世界中のホテルのレビューを担当し、トップ評論家には10泊分の無料宿泊券をプレゼントします。なお、アニマル評論家には、「ホテルライフ に関心があること」、「とても個性的であること」、そして何よりも「ホテルの部屋に収まること」という3つの条件を満たしていれば、どんな動物でも応募いただけます。

残念ながらお馬さんたちは、今までどおり厩舎でお過ごしいただくことになります。

今回、数カ月間におよぶ自粛期間中、飼い主とペットが多くの時間を共に過ごしたことかと思います。この経験が飼い主の分離不安症を増加させ、旅行の際に親友のペットたちを置き去りにすることに不安を訴える飼い主が増えています。Hotels.comの新たな調査(※1)によると、日本の飼い主の約3分の1(32%)が、withコロナ時代にペットと離れ離れになることへのストレスの増加を感じていると回答しており、その結果、ペットが泊まれるホテルの検索数は世界的に前年比300%増となっています(※2)。自粛期間中においては、ペットを飼っていた日本人の50%が「ペットのおかげで楽しく過ごせた」、また40%が「ペットのおかげでリラックスできた」と回答したのに対し、世界的には「ペットのおかげで幸せになれた」(50%)というデータが出ています。興味深いことに、アメリカでは飼い主の54%が「ペットのおかげで安心した」と回答しており、国によってペットが飼い主に感じさせていることは少し異なるようです。

また、日本の調査によると41%の回答者が今まで休暇にペットを連れて行ったことがあることが分かりました。飼い主がいなくて寂しいだろう(54%)、ペットが一緒にいると楽しい(43%)、留守中に心配しすぎるのが不安(40%)といった感情が、ペットを連れて旅行に行く理由として挙げられています。また、日本の飼い主の13%がペットの方が人間と行くよりも旅行のストレスが少ないと考えていると明かしています。

ほぼ半数(54%)の日本人回答者がペットを連れて旅行しないと述べており、行ける場所が限られる(35%)、適切な宿泊施設がない(27%)、費用が高くなる(9%)などを理由としています。世界全体で見ても、36%が「適切な宿泊施設がないと思っている」と回答しています。Hotels.comの「お客様が選ぶ人気宿アワード ペットアワード受賞施設 (Loved by Guests Pet Friendly)(https://jp.hotels.com/go/loved-by-guests/petfriendly?pos=HCOM_JP&locale=ja_JP)」には、すべてのペットおよび飼い主の夢を叶えるために、ペットに特化したホテルの幅広いセレクションがリストアップされています。自然の雰囲気を感じられるシックな森の中のホテルから、愛犬・愛猫を甘やかすためのゆったりとした隠れ家、そして究極のパッパチーノ(犬用のカプチーノ)が味わえる大都市のホテルまで、世界をリードする宿泊施設予約サイトがあらゆるニーズをサポートします。

Hotels.comアジア太平洋地域広報統括のゾーイ・チャン (Zoe Chan) は、以下のように述べています。
「自粛期間により、私たちはこれまで以上にペットと濃密な時間を過ごし、ひとりぼっちにしたくないという想いを抱くようになりました。Hotels.comでは、ペットと泊まれるホテルが満足いただける状態であることをきちんと確認したいと考えており、そのためにお客様が選ぶ人気宿アワード(Loved By Guests)の中にペットアワードのカテゴリーを設けています。しかし、現実には当社だけで全てのホテルを評価することはできませんし、それ以前に、私たち人間に理解できることには限りがあります。今回のキャンペーンにより、熱心なチームアニマル評論家の皆様にレビューを率先して担当していただき、飼い主ならびにペットから最高のレビューを受けたホテルであると安心いただければと思います。」

あなたの旅のお供がチームアニマル評論家の一員に該当すると思われる場合は、Instagramで@bellpug_no_tabi(https://www.instagram.com/bellpug_no_tabi/)、またはHotels.comTwitter公式アカウント(@hotelsdotcomJP)(https://twitter.com/hotelsdotcomJP)をフォローして、「#チームアニマル評論家(#CreatureCritics)」のハッシュタグを付けてどちらかのSNSにペットを投稿し、あなたのペットがチーム一員になるべき理由をぜひ教えてください。SNSアカウントは公開設定いただく必要があります。詳細はこちら(https://jp.hotels.com/page/creaturecritics/)からご確認ください。

世界で選ばれた3名の方(※3)には、ペットと泊まり最高のホテルライフを過ごすための150ドル相当のクーポンを10回分用意しました。投稿期間は9月30日から10月9日までです。

<ペットと泊まれるホテル>.
1.  ルシアン旧軽井沢https://jp.hotels.com/ho1104726368/
1室につき2頭(犬のみ)までの宿泊が可能で、前庭付きのお部屋もあるのでペットもゆったりと遊べます。宿泊は1泊21,293円(※4)から予約可能です。

2.  ハイアット リージェンシー箱根リゾード アンド スパhttps://jp.hotels.com/ho249918/
1室につき3頭(犬のみ)までの宿泊が可能。ペット用のお食事や水入れのサービスのほか、ペットトリミングサービスもご利用できます。宿泊は1泊43,404円(※4)から予約可能です。

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram