HMI、つま恋に「日印文化センター」を25年開業

  • 2019年11月7日

記念碑を除幕する比良社長(左から2番目)、コヴィンド大統領(同3番目)ら

インド大統領迎え式典

 つま恋リゾート彩の郷(静岡県掛川市)を運営するホテルマネージメントインターナショナル(HMI、比良竜虎社長)は10月23日、同リゾートに2025年開業する「日印文化センター」の建立記念式典を開いた。即位礼正殿の儀で来日していたインドのシュリ・ラーム・ナート・コヴィンド大統領が出席。インド出身の比良HMI社長らとともに記念碑を除幕した。

 つま恋は各種スポーツや音楽施設、温泉施設、ホテルを備えた総合リゾート。HMIがヤマハから施設を継承し、2017年から運営している。

 建設する日印文化センターは、つま恋全体の約7分の1に当たる19万平方メートルの敷地にインド様式の寺院や博物館、ヨガや瞑想(めいそう)を体験できる施設、オーガニックレストランを設置する。「インドの歴史や文化を身近に体験できる施設」「やすらぎと健康増進の取り組みを推進できる施設」を目指す。完成予定は2025年11月23日。

 式典でHMIの比良社長は「人々の心身の健康を促進するお手伝いをし、国の医療費削減にもつなげたい。日本を訪れるインドの人たちの心のよりどころとして、インドからの訪日観光客増にも貢献したい」とあいさつ。

 インドのコヴィンド大統領と地元静岡県の川勝平太知事、掛川市の松井三郎市長らも日本とインドの交流の懸け橋となる同施設に期待するあいさつを述べた。

関連する記事

アソビューは、「Google で予約」で訪日外国人向けに観光スポットのチケット提供を開始した。 日本最大級の遊びのマーケットプレイス「asoview!(アソビュー)」(U…

続きを読む

NEXCO中日本は10月30日、トイレの洗浄便座の操作ボタンや利用方法を14カ国語で案内するタブレット端末の設置を、E1東名高速道路、E85小田原厚木道路など23カ所のサ…

続きを読む

電通は8日、日本文化の海外発信を支援する「JAPAN CULTURE HUB」を始動すると発表した。 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本敏博)は、日本の伝統文化の…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube