HIS、ユニゾホールディングスにTOB 「ホテル100軒構想」へ加速か

  • 2019年7月26日

説明する澤田会長兼社長

 エイチ・アイ・エス(HIS)は10日、不動産、ホテル事業を手掛けるユニゾホールディングス(HD)に公開買付(TOB)を実施すると発表した。HISは昨年9月からユニゾHDの株式を市場内取引で取得し、現在は株式を4.79%保有し、筆頭株主となっている。7月11日から8月23日まで普通株式1株につき3100円で買い付けを行い、45%までの買い増しを目指す。買付予定株数は1375万9700株。ユニゾHDとの協業で、2023年までに目指す「ホテル100軒構想」、不動産事業の拡大に向けた「ビヨンド100軒」などの実現を加速する。

 HISは、同日開催した記者会見で今回のTOBについて、敵対的買収ではなくユニゾHDとの協力関係の構築により、ホテル事業や不動産事業の拡大を加速させ、相互の企業価値向上につながると説明。また、業務提携、資本提携が実現することで、HISの送客によるホテル稼働率の上昇など、双方の事業にメリットが出ると述べた。

 TOBでのユニゾHDへのメリットとしては、オンライン、法人、訪日など、HISの旅行事業リソースを有効活用し、ユニゾHDが経営するホテルの稼働率や収益性の向上、HISの海外拠点や情報ネットワークを使ったユニゾHDのホテル事業のスムーズな海外展開の実現を挙げている。

 澤田会長兼社長は「ホテル事業を世界的な構想にするには、ユニゾHDのノウハウがプラスになる。また、ホテル1千軒計画もある。イールドマネジメントなどユニゾHDのノウハウが足せればより事業が加速する」とTOB成立への期待を語った。両社の協業が成立すると、HISが稼働する33軒と建設、交渉中の34軒にユニゾHDが運営する25軒が加わり、計92軒、国内主要ホテルチェーンで第9位となる。

 これまで、ユニゾHDに対しホテル、不動産事業などで業務提携を持ちかけたが、ユニゾHDは応じていない。TOBが成立した場合、当面はユニゾHDのブランド名は残す方針だ。

 ユニゾHDは16日に特別委員会を設置を発表。対応を検討し、28日までに意見を表明する。

説明する澤田会長兼社長

     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram