ANAセールスの「メード・イン・トーキョー」が好調

  • 2009年4月18日

 ANAセールスが07年4月から販売する、東京の着地型旅行「ANAスカイホリデー メード・イン・トーキョー」が今年上期(4〜10月)、前年同期比9%増と伸ばしている。東京の企業や団体の協力を得て東京ならではの体験ができるのが特徴の商品。江戸〜現代の東京をさまざまな切り口から楽しめる点や、宿泊プランを切り離して現地参加できる点が好評のようだ。

 メード・イン・トーキョーは、08年下期(08年10月〜09年3月)に58コースを設定、およそ3千人を集客した。その道の専門家「感動案内人」のガイド付きコースや有名レストランでの昼食プランなど幅広いラインアップで利用者を集める。

 このうち感動案内人として東京都公文書館非常勤職員の高尾善希氏が同行して、江戸城の間取りや大奥の暮らしを詳しく解説するほか、印刷会社トッパンの印刷博物館・VRシアターで、コンピューターグラフィクスにより再現された江戸城天守閣を鑑賞できる「江戸の古今を愉しむ旅」は、過去の3回の催行時とも定員近くまで参加者が集まる人気コース。3月28日催行分も定員30人に対し、夫婦や家族連れ、女性グループなど29人が参加し、高尾氏手作りの江戸城マップを手に、解説を聞きながら北の丸公園を散策した=写真。「現地参加もできるうえ、感動案内人が同行するコースはその個性が魅力となり人気を集めているのではないか」と同社広報担当。

 同社では今年度上期、江戸の古今を愉しむ旅のほか、昨年夏に設定し子供連れに人気だった「『ANA機体メンテナンスセンター』見学コース」など60コースを設定する。東京を同社国内旅行販売の核として売っていく考えだ。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram