9月から浜松市で「立体花博」開催

  • 2009年7月4日

ミス浜松と市のマスコットキャラ「ウナギイヌ」(右)、 花博のイメージキャラ「モザイ」(左)

ミス浜松と市のマスコットキャラ「ウナギイヌ」(右)、 花博のイメージキャラ「モザイ」(左)

 9月19日から66日間、静岡県浜松市で「浜松モザイカルチャー世界博2009(浜名湖立体花博)」が開かれるが、6月23日、立体花博のキャラクター、モザイやミス浜松らが観光経済新聞社を訪れ、立体花博をPRした。

 モザイカルチャーはいくつもの花や緑を組み合わせ、その色合いや特性を生かしながら、モザイク状・幾何学状に配置し、形を作り上げた作品をいう。3年に1回開かれ、日本では浜松が初開催となる。前回は上海で開かれた。

 主催は同世界博2009協会と浜松市で、秋篠宮親王殿下が名誉総裁を務められる。会場は浜松フラワーパークで、会期中の来場者は外国人も含め80万人を見込んでいる。総事業費は約25億円。

 5月1日現在、海外から25カ国約40都市、国内から55都市・団体の出展が決まっている。

 入場券は普通大人1800円、中人900円、小人600円、プラチナ(60歳以上)1300円だが、前売りは100円から200円ほど安くなる。

 ミス浜松の田中道子さん(19)は「モザイカルチャーはあまりなじみがないと思いますが、花と緑で作られた立体的な作品は必見です、世界的なイベントなのでぜひ来て下さい」と笑顔でアピールした。

ミス浜松と市のマスコットキャラ「ウナギイヌ」(右)、 花博のイメージキャラ「モザイ」(左)
ミス浜松と市のマスコットキャラ「ウナギイヌ」(右)、
花博のイメージキャラ「モザイ」(左)

関連する記事

新規12作品地域活性に期待の声 人気アニメのゆかりの地を観光資源として生かし国内外から人を誘致、地域活性化を目指すアニメツーリズム協会(富野由悠季会長)は10月29日、…

続きを読む

沖縄県は、スポーツツーリズム戦略推進事業でイベントを開催する。 “全国から約50チームが参加する冬のビーチサッカーの祭典”「ビーチサッカー沖縄カップ」“環境シンポジウムと…

続きを読む

来年4月に国際観光学科を新設する富山福祉短期大学は10月29日、「国際観光学科開講記念シンポジウムツーリズムで成功する地域創生そのための人材育成とは」を同短大内のホー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube