5月の延べ宿泊者数、6.5%増の4732万人

  • 2019年8月21日

GW効果など36都道府県がプラス

 観光庁が7月31日に発表した宿泊旅行統計調査の結果、2019年5月の全国の宿泊施設の延べ宿泊者数(第2次速報値)は、前年同月比6.5%増の4732万人泊となった。このうち日本人の延べ宿泊者数は、10連休のゴールデンウイークの効果などで4月に続き好調で、同5.6%増の3870万人泊で5月として調査開始(07年)以降で最高値。外国人の延べ宿泊者数も同10.4%増の862万人泊で過去最高だった。

 5月の延べ宿泊者数全体では、36都道府県が前年同月の実績を上回った。延べ宿泊者数の上位5位は、(1)東京都(1.5%増の548万人泊)(2)大阪府(18.5%増の381万人泊)(3)北海道(11.2%増の304万人泊)(4)沖縄県(15.1%増の237万人泊)(5)千葉県(7.9%増の202万人泊)。
日本人延べ宿泊者数は19年に入ってから、1月が前年同月比0.3%減、2月が同ほぼ増減なし、3月が同0.5%増と前年並みで推移したが、10連休のGWなどがあり、4月が8.4%増、5月も高い伸び率となった。

 5月の外国人延べ宿泊者数は、全体に占める割合が18.2%で、29都道府県で前年同月の実績を上回った。都道府県別の上位は(1)東京都(10.4%増の201万人泊)(2)大阪府(10.9%増の145万人泊)(3)京都府(23.1%増の70万人泊)(4)北海道(4.6%増の59万人泊)(5)沖縄県(10.2%増の59万人泊)―などとなった。

 5月の外国人延べ宿泊者数を都市部と地方部で比較すると、三大都市圏(東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、京都、兵庫の8都府県)が12.7%増の523万人泊、地方部(三大都市圏以外)が6.9%増の339万人泊だった。構成比では三大都市圏が60.7%、地方部が39.3%となった。

 国・地域別の5月の外国人延べ宿泊者数は、最多の中国が26.1%増の212万人泊で全体の27.3%を占めた。続いて台湾が6.2%減の103万人泊、韓国が6.8%減の95万人泊、米国が18.3%増の60万人泊、香港が9.8%増の54万人泊だった。

関連する記事

観光庁はこのほど、UNWTO(国連世界観光機関)が毎年開催している「ガストロノミーツーリズム世界フォーラム」の2022年大会について、日本からの開催立候補地として奈良県を…

続きを読む

全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会(全旅連、多田計介会長)は8月26日、東京の都道府県会館で常務理事、理事合同研修会を開いた(先週号既報)。全旅連の中小宿泊施設観光総合…

続きを読む

観光経済新聞は、観光産業や観光地域を支える産学官のリーダーの方々を中心に多くの皆さまに紙面にご登場いただき、示唆に富む貴重なご意見を頂戴してきました。創刊3千号の発行に当…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube