3地域の観光プロデューサー決定

  • 2008年10月4日

前列左から2人目が田井氏、3人目が前田氏(9月24日)

前列左から2人目が田井氏、3人目が前田氏(9月24日)

 観光振興に向けて人材と地域とを結び付ける国土交通省の観光地域プロデューサー事業。9月24日、今年度のモデル地区に指定されている茨城県石岡市、新潟県佐渡市、千葉県鴨川市で活動するプロデューサーが決定した。選ばれた3人は、いずれも旅行会社に勤務した経験を持ち、これまでに培ったキャリアを生かして地域の観光振興をけん引することが期待されている。

 観光地域プロデューサーは、石岡市が田井康夫氏(67)、佐渡市が前田雅裕氏(60)。鴨川市が西谷斎氏(63)。いずれも国交省が開催した研修会の修了者で、有識者でつくるモデル事業検討会(座長=大西隆・東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻教授)とモデル地域の選考を経て決まった。

 3人は地域との間に雇用関係を結び、観光協会、市役所などに在籍して手腕をふるう。

 田井氏を採用した石岡市は、「旅行商品化や情報発信などが石岡市の課題。11月には体験型観光施設『朝日里山学校』もオープンする。商品造成や販売手法の確立にこれまでの経験を生かし、外部からの視点で地域の観光を活性化させてほしい」(小松崎隆雄・商工観光課課長補佐)と期待する。

 国交省の同事業では、観光地域プロデューサーの業務に関連する旅費や資料作成費、広告費などに補助金を交付、モデル地域間の情報交換も進めながら地域観光の振興を支援していく。

 モデル地域の1つ、鴨川市は当初、モデル地域に指定されていなかったが、昨年度の観光地域プロデューサー研修の修了者の西谷氏を今年6月から市商工観光課で採用してきた経緯から、「独自モデル地域」に指定されることになった。

 観光地域プロデューサーは、昨年度のモデル地区、千葉県富津市、東京都台東区、山梨県富士河口湖町、静岡県伊豆の国市、富山県立山町を含めて計8人になった。

前列左から2人目が田井氏、3人目が前田氏(9月24日)
前列左から2人目が田井氏、3人目が前田氏(9月24日)
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram