3分野で711人合格 特定技能試験の第1弾

  • 2019年6月10日

山下法相「引き続き適正に実施」

 山下貴司法相は5月28日の会見で、外国人の就労を拡大する新たな在留資格「特定技能1号」の第1弾となる試験として宿泊業、外食業、介護業の3分野の合計で711人が合格したことについて、「適正な試験の実施に向けて、引き続き関係省庁と連携して取り組んでいきたい」と述べた。

 第1弾の試験は産業分野ごとに4月に実施され、5月下旬に相次いで合格発表が行われた。合格者は宿泊業で280人、外食業で347人、介護業で84人。3分野平均の合格率は73.8%だった。

 特定技能試験について山下法相は「試験が実施された3分野以外の分野も含めて、準備が整い次第、速やかに実施される予定であると承知しており、特定技能試験による円滑な受け入れのための環境は今後整っていくと考えている」と語った。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram