2024年の景気見通し 「踊り場」が4割超 懸念は「人手不足」


 帝国データバンクがこのほど行った2024年の景気見通しに対する企業の意識調査で、24年の景気を「踊り場局面」とする回答が4割超と最も多かった。景気の懸念材料は「人手不足」「金利」が急上昇。景気回復に必要な政策は「人手不足の解消」が最も多い。

 24年の景気見通しについて、「踊り場局面」が42.1%とトップ。「分からない」(24.8%)、「悪化局面」(20.3%)、「回復局面」(12.8%)と続いた。

 前年調査と比較すると、「回復局面」が1.3ポイント上昇。「悪化局面」が5.0ポイント低下した。「踊り場局面」は3.0ポイント増と、2年ぶりに4割を超えた。

 企業から「正常な経済活動に戻りつつあることは良い兆しだと思う。積極的な設備投資、事業推進を期待したい」「世界情勢、国内情勢ともに明るい話題がないため、マイナス方向に動く感じがする」など、さまざまな声が聞かれた。

ペイウォール会員向け記事です。

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒