20%減まで回復 日本旅館協会北海道9月

  • 2020年10月22日

 日本旅館協会東北支部連合会はこのほど、宿泊実態調査の9月の結果をまとめた=表。会員101軒が回答。東北6県合計の宿泊人員は前年同月比20.8%減、売り上げは同16.7%減となった。新型コロナウイルスの影響が続くものの、前年同月比の減少率は5月を底に改善が見られ、9月は2割程度の減少となっている。

 宿泊人員の月別の前年同月比は、政府の緊急事態宣言の解除や都道府県をまたぐ移動の自粛要請の解除などの動きに伴って、5月の96.1%減を底に、6月が77.6%減、7月が43.6%減と、減少幅が縮小。8月は45.1%減と若干の悪化となったが、9月は再び減少幅が縮小した。

 9月は前月に続き、政府のGo Toトラベル事業のほか、県による県民対象の県内旅行の割引事業が地域それぞれに実施された。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram