2月にアルペンスキーW杯 新潟県湯沢町

  • 2019年12月19日

 新潟県湯沢町(田村正幸町長)、同町観光協会(小林庄一会長)は5日、東京のグランドプリンスホテル高輪で関係者との懇談会「ありがとう湯沢・感謝の集い」を開いた。来年2月22、23日に同町の苗場スキー場で開かれるアルペンスキーワールドカップ(W杯)を中心に、町の話題をPRした。

 W杯は1967年から毎年行われている国際スキー連盟主催の大会。湯沢町で開かれるのは2016年以来4年ぶりとなる。

 懇談会に先駆けて開かれた説明会で全日本スキー連盟の皆川健太郎競技本部長が大会の概要を説明したほか、新潟県の花角英世知事が「世界のトップレーサーによる熱い戦いが繰り広げられる。世界最高峰のレースを間近に見られる機会。多くの人に観戦してもらいたい」とメッセージを寄せた。

 湯沢町の田村町長は昨年の町内への入込客数に触れ、「前年比6万人増の431万人。このうちインバウンドは28万人と、順調に増えている。スキー客は前年より少し減って237万人だが、まずまずの数字となった」と述懐。今年は国内最大級のロックフェスティバル「フジロック・フェスティバル」が7月26~28日に苗場スキー場で開かれ、延べ13万人を動員。町内11のスキー場は11月30日のかぐらを皮切りに、順次オープンしている。

 「第57代ミス駒子」の木下ふうかさんと柳井麗亜さんは「越後湯沢駅の『ぽんしゅ館』は、500円で日本酒のテイスティングが楽しめます」「駅前に最近できた足湯がおすすめ。知らない人同士でも会話の輪が広がります」と町の魅力をアピールした。


「ミス駒子」の木下さん(左)と柳井さん

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube