10月の訪日外客、前年比11%減

  • 2009年12月5日

 日本政府観光局(JNTO)が11月25日発表した10月の訪日外客数は、前年同月比11.3%減の65万5千人となり、昨年8月以降15カ月連続で減少した。景気低迷による旅行の手控えや円高などが要因。前年同月を上回ったのは、中国、タイ、豪州、カナダの4市場。広告宣伝活動の強化や日本路線の割安運賃の設定などがプラス要因となった。

 訪日客数を市場別にみると、韓国は現地でのインフルエンザ流行などが影響し同30.6%減の13万1100人。台湾は航空便の縮小などが要因となって同22.5%減の9700人。香港は同12.6%減の3万9800人。シンガポールは同1.8%減の1万3600人。

 中国は国慶節が例年より1日多い8連休になったことや、VJCの広告効果で旅行需要が拡大。同25.1%増の10万8300人となり、12市場で唯一2ケタ増を記録した。タイでも祝日の日並びが良く海外旅行需要が拡大。同8.8%増の2万4600人となった。

 豪州は同9.3%増の1万9900人。消費意欲の回復や豪ドルの復調、日本路線の特別料金設定などが作用した。

 カナダは昨冬期に運休していた航空便の運航開始などがプラス要因となって同2.1%増の1万4500人。

 米国は景気低迷による旅行の手控えが影響し、同2.1%減の6万6600人。英国は同12.0%減の1万8300人。ドイツは同14.7%減の1万2600人。フランスは景気低迷による商用客の減少などにより同3.0%減の1万5300人となった。

 出国日本人数は円高の影響で海外旅行に割安感が働き、同0.4%増の135万9千人と3カ月連続で増加した。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram