1〜3月の国内旅行DI、大幅に下落

  • 2009年4月11日

 日本旅行業協会(JATA)が四半期ごとにまとめている「旅行市場動向調査」によると、1〜3月の国内旅行DIは、海外からのシフトは依然続くが、景気の急速な悪化に伴い出張需要が減少するなどして、3カ月前(10〜12月)のマイナス16からマイナス42と大幅に下落した。

 全方面で3カ月前より2ケタの悪化となり、北海道、東北、北陸のDIは30ポイント前後下落した。前年同時期との比較でも軒並み大きく下回っており、中でも奄美・沖縄は58ポイント、北海道、九州は約40ポイント低く、首都圏からロングポーションの不振が顕著となっている。

 安近短志向の強まりやネット利用による旅行会社離れが指摘され、国内市場をけん引する好材料に乏しい。3カ月後(4〜6月)の見通しも、マイナス40と横ばい。方面別に見ると、良化が見込まれるのは北海道、東北など一部で、その他は横ばいの見通し。

 一方、海外旅行DIは景気悪化による個人消費の低迷や企業の経費削減で、3カ月前のマイナス64からマイナス72と大さらに低下。今後はウォン安で好調な韓国に加え、燃油サーチャージの値下げがロング方面の需要を喚起し、3カ月後はマイナス57の見通し。

 JATAの旅行市場動向調査では、各質問事項に対し「良い」「普通」「悪い」「取り扱っていない」で評価を求め、DI(ディフュージョン・インデックス)という景気動向指数を発表している。DI値の範囲は、100(すべての回答が「良い」)からマイナス100(同「悪い」)の間となる。638社を対象とし、269社から回答を得た。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram