JTB旅ホ連が新型コロナ支援策 

  • 2020年4月3日

会員・JTB社員へ研修補助

 新型コロナウイルス感染症の拡大によって旅行需要が減退し、全国の旅館・ホテルで売り上げが減少している。JTB協定旅館ホテル連盟(大西雅之会長)は、2020年度通年(20年4月~21年3月)で旅ホ連会員とJTB社員を対象に個人研修への補助制度を設定するとともに、コロナ緊急支援策として4~6月の補助額を2倍の2万円に引き上げる。会員施設の宿泊利用を少しでも増やしたいという狙い。

 会員に対しては、従業員が個人(家族や友人との利用も可能)で会員施設に宿泊する際に補助金を支援する。補助額2倍の対象期間は、宿泊日基準で4月1日から6月30日まで(5月2~5日は除く)。対象プランは、JTBの手配型宿泊プラン、募集型企画旅行宿泊商品(エース、サン&サン)、るるぶトラベルプラン。利用後に研修レポートを提出することを条件としている。

 JTBグループの社員、スタッフと総合提携の社員に向けては、JTBホームページで使用できる「社員研修特別クーポン」を設定。対象期間と対象プランは、会員への宿泊補助研修制度と同じ。

 利用の際には、会員施設の営業・フロント担当者と会って施設情報を収集し、箇所内での情報の共有を行うことが条件。個人宿泊研修レポートの提出も求める。

 会員への宿泊補助研修制度とJTB社員への研修特別クーポンの合計で800予約を上限に設定している。

関東支部連合会もJTBへ優待宿泊

 関東支部連合会(根本芳彦会長)では、全国のJTB法人箇所社員を対象とする同連合会の会員施設に限定した優待宿泊プランを4月1日から設定する。休暇を利用して現地の状況を把握し、見聞を広めてもらうことを目的とする。

 社員本人を含めた家族、友人の利用も可能で、宿泊費に関して1人当たり5千円(税込み)を支援する。期間は宿泊日基準6月30日まで(5月2~5日は除く)だが、先着600人に達し次第、締め切る。関東支部連合会事務局へ申請する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram