JTB、宿のデジタル化を支援 PMSとのデータ連携 共通化へ

  • 2022年2月26日

 JTBは、宿泊施設の生産性向上に向けたデジタル化の支援に動きだした。旅館・ホテルやIT事業者の協力のもと、宿泊事業者向けのデジタルソリューションとPMSとのデータ連携を共通化する実証実験を2月から3月まで実施する。

 宿泊事業者がスマートチェックインなどのデジタルソリューションを有機的に機能させるためにはPMSとのデータ連携が不可欠。実証実験では、複数のデジタルソリューションとPMSのデータをつなぐためのプロトタイプ(試作版)システムを開発し、宿泊事業者のPMSとデジタルソリューションとのデータ連携に伴うコスト負担低減や、宿泊客の利便性といったデジタル体験価値の向上を目指し、実業務での有効性を検証する。

 PMSデジタルソリューション連携システムプロトタイプは、デジタルソリューション群とPMS群をデータ連携することで、宿泊事業者の生産性向上をクラウドデータ基盤上で実現するもの。また、デジタルソリューション群とPMS群のデータをつなぐAPIを共通化することで、宿泊事業者のデジタルソリューション導入の障壁であるコスト負担を低減する。

 実証実験では、JTBとKotoznaが提供する非接触型多言語コミュニケーションツール「Kotozna In―room(コトツナ・イン・ルーム)」と連携し、PMSのデータをつなげる。宿泊客へ未精算額をリアルタイムで提示し、チェックアウト日にはオンラインで決済できるようにする。

 実証実験参画企業は、宿泊事業者では、つえたて温泉ひぜんや(熊本県・杖立温泉)、吉池旅館(神奈川県・箱根温泉)、瑠璃光(石川県・山代温泉)、ホテルモントレ大阪(大阪府大阪市)。PMS提供事業者は、信南交通(製品は「Assist」)、JTBビジネスイノベーターズ(同「Incharge7」)。

 日本マイクロソフトが技術協力。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram