JTB、「日本の旬 瀬戸内・山陰」のキックオフミーティングを開催

  • 2018年3月11日

開会宣言をするJTB国内旅行企画の宇田川常務

 JTBは2月14日、2018年度上期(4~9月)国内旅行キャンペーン「日本の旬 瀬戸内・山陰」のキックオフミーティングをヒルトン大阪(大阪市北区)で開催した。JTBグループの社員や観光関係者など約320人が出席した。

 「日本の旬」キャンペーンは、国内旅行活性化を目的として「日本の魅力再発見」をテーマに実施。上期、下期ごとに対象エリアを定めている。

 キックオフミーティング開会宣言では、宇田川雄彦・JTB国内旅行企画常務取締役西日本事業部長が「宮島水中花火大会JTB貸切クルーズ、国宝松江城夜間貸切プラン、開通30周年瀬戸大橋『塔頂』ツアーなど、JTBならではの価値が反映、提案された日本の旬オリジナル商品を用意できた。先行販売状況も団体は好調。個人のエースの上期の予約状況もまずまず。販売目標を達成していきたい」と語った。

 主催者を代表してあいさつをした今井敏行・JTB常務取締役国内事業本部長は「新たな観光インフラ、着地コンテンツをたくさん作った。期間限定のものもあるが継続して販売していけるものもある。個人、団体、インバウンドなどJTBのすべてのチャネルを使って送客していく」と意欲を示した。

 その後、日本の旬 瀬戸内・山陰の取り組み概要や期間中のイベント、新コンテンツ、プロモーションの概要が販売スタッフに向け発表された。

関連する記事

中国・西安市の徐明非副市長と中国最大のオンライン旅行会社、シートリップ(Ctrip)グループの民泊仲介サイト「途家」(トゥージャー)の李珍妮CBO(最高業務責任者)は1日…

続きを読む

富士急行5000形電車「トーマスランド号」は、23日で営業運転を終了する。 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)は、2019年2月23日(土)をも…

続きを読む

富士急山梨バスは14日、富士五湖エリアを運行する全路線バスとバス停のナンバリング表示を実施した。 富士急山梨バス株式会社(本社:山梨県南都留郡富士河口湖町、取締役社長:髙…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube