JR西日本、第4四半期の赤字響き減益

  • 2020年6月7日

 JR西日本の連結決算は、売上高が前年比1.4%減の1兆5082億100万円、営業利益が同18.4%減の1606億2800万円、経常利益が同19.1%減の1483億5300万円、当期純利益が同13.0%減の893億8千万円の減収減益となった。第4四半期(1~3月)の営業損益は、新型コロナウイルスが大きく影響し、9期ぶりの赤字となっていた。

 営業施策では、北陸新幹線で開業5周年キャンペーンや「新幹線eチケットサービス」を開始。特急「はるか」への新型車両「271系」投入や「観光型MaaS『setowa』」の実証実験、訪日向けの専用商品、決済サービスの展開なども取り組んだ。流通業、ホテル業では、宿泊特化型ホテル「ヴァイアン」(4店舗)やハイクラス主体型ホテル「ホテルヴィスキオ京都」の開業のほか、「ホテルグランヴィア大阪」の館内全面リニューアル第1期を完了した。

 不動産業では、JR西日本グループショッピングセンター共通ポイントおよびスマートフォン向けアプリ「WESPO」のサービスを開始した。

 旅行業では、訪日の営業展開を強化するとともに、法人営業で受注拡大、ウェブ専用商品や個人向け商品の販売拡大などに取り組んだ。

 21年3月期の連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響で不透明であることから未定としている。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram