JR東日本、通期決算を下方修正

  • 2021年2月25日

 JR東日本、東海、西日本、九州の上場4社はこのほど、2021年3月期第3四半期決算(20年4月1日~12月31日)を発表した。新型コロナウイルスや豪雨、降雪など自然災害の影響で鉄道利用が落ち込むなど、4社とも大幅な赤字となった。赤字額は4社とも同期での過去最大。JR東日本は通期連結決算で下方修正した。

 JR東日本の第3四半期決算は、売上高が前年同期比42.4%減の1兆3062億6500万円、営業損失が3230億8300万円、経常損失が3730億1600万円、純損失が2945億9千万円となった。同時期での最終赤字は初めて。通期決算予想は下方修正した。

 運輸事業では、駅や車内での消毒や換気、駅係員および乗務員のマスク着用など安心、清潔のPR活動に加え、Suicaや新幹線eチケットなど非接触のサービス利用を促進した。11月には「お先にトクだ値スペシャル(50%割引)」の設定区間を拡大するなど、収入確保施策を実施した。

 流通・サービス事業では、10月に無人決済小型スーパーマーケット「KINOKUNIYA Sutto目白駅店」(東京)を開業するなど、「くらしづくり(まちづくり)」に取り組み、新規開業や既存事業の価値向上を図った。不動産・ホテル事業では、11月に「ホテルメトロポリタン山形 南館」(山形)を開業。しかし、新型コロナの影響を受け、駅ビルやホテル業が大幅な減収となった。このほか、Suicaの発行枚数は約8500万枚となった。

 21年3月期通期決算予想は、売上高が1兆7730億円、営業損失が5350億円、経常損失が5960億円、純損失が4500億円。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram