JR東日本、東京駅と羽田空港を18分で結ぶ新線を2029年度に開業

  • 2021年2月7日

アクセス新線を含む東山手ルートの事業区間位置図

 JR東日本は20日、国土交通大臣から同日付で「羽田空港アクセス線(仮称)」の鉄道事業許可を受けたことを発表した。区間は東京貨物ターミナル(東京都品川区)から羽田空港新駅(仮称、東京都大田区)までの約5キロ。建設費は約3千億円。2029年度での運行開始を予定している。

 発表では、「アクセス新線」のほか、「東山手ルート」の事業概要を示した。東山手ルートは、田町駅から東京貨物ターミナルを経て、羽田空港新駅に至る12.4キロ。田町―東京貨物ターミナル間の7.4キロは東海道貨物線(大汐線)を改良する。羽田空港新駅は、第1ターミナルと第2ターミナルの間に設けられる。

 新線の開通で東京駅―羽田空港間は約18分となる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram