JR北海道、令和3年度事業計画を発表

  • 2021年4月22日

感染防止などで利用回復

 JR北海道は2日、令和3年度事業計画を発表した。営業収益の確保に向けて、引き続き感染防止策などのウィズコロナ対策を実施しつつ利用の回復に努めるとともに、アフターコロナのニューノーマルへの対応を進める。

 需要に応じた弾力的な列車運行、非対面・非接触ニーズを踏まえた販売方法の見直しなどを行うとともに、北海道新幹線開業5周年企画や国や北海道の需要喚起策、観光列車の運行などにより利用の回復につなげる。

 北海道新幹線の札幌開業に向けては、札幌駅工事などを推進。青函トンネル区間のさらなる高速化や、新函館北斗―札幌間の最高時速320キロ化、共用走行区間に起因する課題の解決を進め、「札幌―東京最速4時間半」の実現を目指す。

 北海道新幹線新函館北斗―新青森間の収益の確保については、北海道新幹線開業5周年プロモーションを展開するほか、東日本大震災から10年の節目となる復興支援の東北デスティネーションキャンペーンと連携した施策を実施するなど、利用の回復に努める。引き続き北海道と東北、北関東の修学旅行の獲得にも取り組む。また、新幹線の速達性を生かし、新函館北斗―新青森間の新幹線荷物輸送の拡大について検討を進める。

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram