JAL ANA、チェックイン機を共同利用 23年5月から国内線空港で


搭乗ゲート共通端末(イメージ)

 日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)は22日、アビコム・ジャパン(東京都港区)が提供を予定するサービスを活用し、国内線空港のチェックインシステム機器に関して共同利用に向けた取り組みを始めることを発表した。共同での利用開始は、2023年5月から順次。利用者のさらなる利便性を追求する。

 現在は限られた空港スペース内で独自のシステム機器を配備し、自社のシステム機器が設置してあるゲートのみで搭乗案内業務を行っている。今回の取り組みでは、一部を共同利用することで空港施設の有効活用を実現し、分かりやすい利用動線へと変える。システム機器の共同利用実現後は、使用できる駐機スポットが増えるほか、スポット不足で到着便が駐機できず遅れるケースを減らすことを可能にする。

 共同利用対象空港は、両社が就航している国内空港のうち約30空港。対象システム機器は、保安検査上の旅客通過確認機、搭乗ゲートの改札機など。システム機器やネットワークの調達は、アビコムが協力会社(パナソニック システムソリューションズ ジャパン、KDDI)から行う予定。

 「利便性の向上やイレギュラー運航発生時の対応力強化につながる」と関係者。


搭乗ゲート共通端末(イメージ)

 
新聞ご購読のお申し込み

注目のコンテンツ

Facebook
X(旧Twitter)
YouTube
Instagram

第37回「にっぽんの温泉100選」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2023年度「5つ星の宿」発表!(2023年12月18日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」「5つ星の宿プラチナ」は?

第37回にっぽんの温泉100選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2023 年度人気温泉旅館ホテル250選「投票理由別ランキング ベスト100」(2024年1月22日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒