JAL、日本のクラフトビールを国際線機内で初提供

  • 2020年2月27日

 JALは、日本のクラフトビールを国際線機内で初提供する。

日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂 祐二、以下「JAL」)は、2020年3月29日よりインドへの新たな路線として成田=ベンガルール線を開設します。この新路線はJALの新たな挑戦として、日本からのみならず、インドから日本、あるいは成田を経由地としてインド=北米間を渡航される世界中のお客さまにご利用いただくことを想定しています。また株式会社ヤッホーブルーイング (本社:長野県軽井沢町、代表取締役社長:井手 直行、以下「ヤッホーブルーイング」)は、日本のクラフトビール(*1)におけるリーディングカンパニーとして、今後日本のクラフトビールを世界へ展開することに挑戦していきます。
この2社の新たな「挑戦の象徴」として、インドでもとりわけクラフトビールが盛んなベンガルールと日本を結ぶ当路線機内において、ヤッホーブルーイングのクラフトビール「インドの青鬼(*2)」を提供し、ご搭乗の世界中のお客さまに日本のクラフトビールを体験していただくことで、ワクワクする空の旅を実現したいと考えています。
JALとヤッホーブルーイングは機内での提供だけでなく、今後さまざまな取り組みに挑戦し、日本の食文化を世界に発信していきます。
なお、JALが日本のクラフトビールを国際線機内において提供するのは初めてとなります。

*1・・クラフトビールとは、小規模な醸造所がつくる、多様で個性的なビールです。
*2・・「インディア・ペールエール(IPA)」というスタイルのビールです。IPAは、18世紀末にイギリスからインドへの長く過酷な輸送に耐えられるよう、アルコール度数を高め、劣化防止効果のあるホップを大量に入れたことから生まれたと言われています。インドの青鬼を口にすると、大量のホップがうみだす驚愕の苦味と深いコク、そして華やかな香りが飲む者を虜にします。日本を代表するIPAとしてクラフトビールファンから支持されています。

【提供品と提供期間】
■製造会社 : 株式会社ヤッホーブルーイング
■提供品  : インドの青鬼 (インディア・ペールエール、IPA)
■対象路線 : 成田=ベンガルール線(JL753/JL754)
■提供期間 : 2020年3月29日(日)~6月30日(火)

【インドの青鬼 特設サイト(JAL Webサイト)】
https://www.jal.co.jp/inter/route/blr/indono_aooni/

【インドの青鬼 特設サイト(ヤッホーブルーイングWebサイト)】
https://yonasato.com/column/jal_aooni

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram