JAL、エアバスの導入推進 冬季国内線基本計画を発表

  • 2021年9月6日

 JALグループは8月24日、2021年度冬季ダイヤ(10月31日~来年3月26日)の国内線の基本便数計画を発表した。期間中は、エアバスA350―900型機を東京(羽田)―大阪(伊丹)線で毎日運航するなど、さらなる導入を進めるほか、北海道エアシステム(HAC)では11月にATR42―600型機への機材更新を完了する予定。

 路線便数については、大阪(伊丹)発着路線で、沖縄(那覇)線、熊本線を増便する。日本トランスオーシャン航空(JTA)では、季節運航便として、夏季期間に続き年末年始、春休みの繁忙期に大阪(関西)―宮古線、名古屋(中部)―石垣線および名古屋(中部)―宮古線を運航する。北海道エアシステム(HAC)の札幌(丘珠)発着路線では、昨年就航した女満別線を増便する。また、夏季期間に季節運航した奥尻線を、土日祝日、年末年始などで運航する。日本エアコミューター(JAC)の鹿児島発着路線では、週末および年末年始の繁忙期を中心に屋久島線、徳島線、沖永良部線を増便する。

 サービス面では、「JALファーストクラス」サービスを、新たに大阪(伊丹)―沖縄(那覇)線、東京(羽田)―石垣線(12月24日~来年1月4日、3月18~26日)で開始する。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram