HIS、ハウステンボス売却

  • 2022年9月24日

 エイチ・アイ・エス(HIS)は8月30日、傘下のハウステンボス(長崎県佐世保市)の保有する66.7%の全株式を香港の投資会社「パシフィック・アライアンス・グループ(PAG)」に666億円で売却することを発表した。売却益は646億円。2022年度10月期決算で特別利益として計上する。

 HISは、2010年4月からハウステンボスの経営再建を使命に、テーマパーク事業に参画。1992年の開業以来18年間赤字が続いていたが、さまざまな改善、改革の成果もあり、HISグループ傘下後は、10年連続で黒字を達成した。コロナ禍後は赤字に転落したが、安定した経営基盤を背景に開業30周年事業の施策を展開するなど、今期は黒字化の見込みとなっていた。

 PAGは、エンターテインメント業界を投資の注力分野の一つとし、テーマパーク事業では、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイへの出資の実績を持つ。今後は、アトラクション導入、イベント投資などでブランド醸成、集客力向上を図る。

 株式譲渡日は9月30日を予定。残り33.3%の株式を持つ、九州電力、西部ガスホールディングス、九電工、JR九州、西日本鉄道の5社も保有株式を売却すると発表している。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram