鯱バス・名古屋芸大・八丁味噌、産官学でデジタルツーリズムを研究

  • 2021年10月10日

 鯱バス(名古屋市南区)と名古屋芸術大学、愛知で観光資源を有する地域企業3社は10月、共同で地域の観光資源を活用した「デジタル(オンライン)ツーリズム」の研究、開発を行う産学連携プロジェクトを始める。コロナ禍で沈む地域観光産業の持続的発展を目指す。

 デジタルツーリズムの研究、開発には地域企業として、知多半島の海の味覚を作り続けるえびせんべいの里(愛知県美浜町)、製造業ながら観光農園「KingFarm」を事業展開する大野精工(同西尾市)、江戸時代からみそ造りを行う八丁味噌(同岡崎市)が参画。「鯱バス×名古屋芸術大学×地域企業」の3者コラボで、地域観光資源をデジタルで楽しむ新しいサービスを立ち上げる。

 コンセプトテーマは、(1)時代の成長としての本格的な「デジタルサービス」(2)自らルーツとともに発展を目指す「マイクロツーリズム」(3)愛知・名古屋の魅力を最大化する「インダストリアルツーリズム」―の三つ。

 デジタルサービスでは、リアルツーリズム(現実の観光)の置き換えではない、本格的なビジネスとして持続可能なデジタルを使用したサービスを開発する。マイクロツーリズムでは、デジタルでもローカルに徹底的にこだわったツーリズムを作る。インダストリアルツーリズムでは、産業の魅力をデジタルならではの技法で最大化を図りながらツーリズムを開発する。

 プロジェクトは来年3月まで。来年4月以降はテストマーケティング(試行販売)を行う予定。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら