高速バスマーケティング研究所、東京でフォーラム開催

  • 2017年12月29日

成定代表

 高速バスマーケティング研究所(成定竜一代表)は12月5日、第5回「高速バス・マネジメント・フォーラム」を東京都内で開いた。バス事業者など145人が参加した。

 成定代表=写真=は冒頭あいさつでフォーラム開催の目的について次のように語り、高速バスを取り巻く環境の厳しさに触れた上で、生き残るための変化を呼びかけた。

 「地方の人の都市への足」として成長してきたこの国の高速バスにとって、地方部における沿線人口減少はそのまま市場縮小に直結する。さらに、高速バス市場の本丸である高頻度昼行路線で、同じ市場縮小に直面した競合交通機関が、本格的にレベニュー・マネジメントを導入し、競争力を強化して、高速バスの顧客を奪う事態こそ大きなリスクだ。

 社員旅行や教育旅行など「社会的旅行」が減少するとともに、旅行者が成熟し、旅行形態が団体から個人へとシフトする中で、貸切バス市場の縮小も避けられない。

 新高速乗合バス制度で示された「貸切バス型管理の受委託」「幅運賃」の仕組みは、高速ツアーバスで効果が実証されたレベニュー・マネジメントの手法を高速乗合バスでも活用するために導入されたものであり、これらを活用することで、現有顧客基盤の中で、収益性を高めることができるが、現時点では十分に活用されているとは言えない。

 同フォーラムでは、「『自動運転バス』現在の課題と将来像」(SBドライブ・シニアプロジェクトマネージャー・大澤定夫氏)、「個人旅行(FIT)化が進むインバウンド取り組みに向けたバス事業者の戦略紹介」(GSE南薩観光・グローバルチームリーダー・スタディンキャメロン氏)、「バストリップをモデルチェンジする!『ハートツアー』は『LIMON』へ」(神姫バスツアーズ・取締役部長・阪田悦規氏)、「『ドリーム号』のブランド確立に向けたPR戦略」(西日本ジェイアールバス・取締役営業部長・林田広司氏)などの講演を実施。

 さらに、成定氏が豊富なテレビ出演の経験から「バス事業者の広報(PR)の基礎」を、日本旅行業協会広報室長の矢嶋敏朗氏が、現職および日本旅行広報室長時代の経験から「クライシス(大事故等)時の報道対応」をそれぞれ講演した。

関連する記事

観光経済新聞社は1日、有料職業紹介事業の免許を取得し、人材紹介事業を開始した。現在は、主に外国人労働者(中国、韓国、ベトナム)の人材紹介のサービスを提供する。 慢性的な…

続きを読む

JAFは、ダウンロードすると抽選でQUOカードが当たる「JAFデジタル会員証」新規登録キャンペーンを実施している。 JAF(一般社団法人日本自動車連盟会長矢代隆義)は…

続きを読む

サービス産業の売上高 10速報総務省調査 総務省はこのほど、サービス産業動向調査の昨年10月分速報を公表した。同月の宿泊業(旅館・ホテル、簡易宿所、下宿業)の売上高は47…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?