高湯温泉観光協会「白濁の湯キャンペーン」実施 宿泊券1万円進呈

  • 2022年9月20日

公の施設である「あったか湯」。旅行者に加え、地元住民からも大切に利用されている

 高湯温泉観光協会(福島市)は、宿泊券1万円分を100人に贈呈する「白濁の湯キャンペーン」を18日に開始。30日まで実施する。同温泉地の魅力をより多くの利用者に感じてもらい、アフターコロナも見据えた誘客を促進する。

 高湯温泉は福島市郊外西部、吾妻山連峰の中腹に位置し、白く濁った湯色が特徴的で、国内有数の硫黄成分濃度の高さを誇る。源泉から引湯した天然温泉を加水、加温なしでそのまま提供する「自噴源泉完全放流型掛け流し方式」を現在も採用しており、温泉ファンのみならず多くの利用者から高評価を獲得している。コロナ禍がやや落ち着きを見せ、観光、旅行需要が回復の兆しを見せる中、同温泉地へのさらなる誘客促進を図り今回のキャンペーンを実施する。同協会の遠藤淳一会長は「源泉の湯にそのまま漬かれる温泉はそう多くない。都会の喧騒を離れ、自然を大いに感じられる各施設でゆったり過ごしていただき、高湯温泉を堪能してほしい」と呼び掛ける。

 同キャンペーンの利用対象施設は、花月ハイランドホテル、旅館玉子湯、安達屋旅館、旅館ひげの家、吾妻屋、静心山荘、ユースゲストハウス ATOMA、ログキャビン ステラポートユースホステル。応募は郵便はがきに郵便番号、住所、氏名、連絡先と高湯温泉への応援メッセージを明記し、「〒960―2261 福島市町庭坂字高湯25番地 高湯温泉観光協会 白濁の湯キャンペーン」宛てに送付する。当選者には10月上旬から順次宿泊券を発送する。宿泊利用期間は11月10日から来年3月10日。問い合わせは同協会TEL024(591)1125。


公の施設である「あったか湯」。旅行者に加え、地元住民からも大切に利用されている

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram