韓国訪問委員会、宮崎県と業務協約

  • 2018年7月11日

業務協約を結ぶ朴三求委員長(左)と河野俊嗣宮崎県知事

 韓国訪問委員会(委員長=朴三求・錦湖アシアナグループ会長)はこのほど、宮崎県と観光、文化での相互交流の拡大に関する業務協約を提携した。韓国訪問委員会が進める「世界の人がまた訪れたい大韓民国づくりキャンペーン」の一環として、宮崎県との相互交流を通じ、観光客の再訪率向上を協議するなど観光の質的な成長基盤を固めることを目指す。

 韓国訪問委員会は韓国観光産業内、唯一の民間協力公共法人として、民間部門が事業を主導し、公共部門が協力して民と官の長所を最大化する事業に取り組む。

 業務協約には、両国の観光分野、おもてなし文化に関連した事業を行いながら、観光市場の安定性を高め、民間交流の活性化に向けて取り組むことを盛り込んだ。

 宮崎県庁で開かれた協約式に合わせ、韓国訪問委員会と宮崎県内の観光関係者との意見交換を実施。韓国を代表するショッピングイベント「コリアグランドセール」、外国人向け交通カード「コリアツアーカード」、手ぶらで買い物が楽しめる「ハンズフリーサービス」など外国人観光客向けの取り組みが紹介された。

 韓国訪問委員会は、昨年7月に新潟県と業務協約を締結している。


業務協約を結ぶ朴三求委員長(左)と河野俊嗣宮崎県知事

関連する記事

Fun Japan Communicationsは14日、「香港・インドネシア・マレーシア・台湾・タイ・ベトナムのアジア6カ国の日本でのショッピング事情」の調査結果を発表…

続きを読む

宿泊施設関連協会(JARC、林悦男理事長)は7日、第8回JARCゼミナール「ラグビーワールドカップまで半年。まだ間に合うインバウンドビジネス」を東京都千代田区の同協会事務…

続きを読む

主に中華圏を中心とした、アジア各国からの誘客に力を入れてきた「昇龍道プロジェクト」だが、欧米豪からの個人旅行客へのアプローチを強めようと、2月25日、名古屋市でシンポジウ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube