静岡DCへ整備加速 静岡県視察団、浜松・浜名湖エリア訪問

  • 2018年11月11日

視察の様子

 静岡県視察団は1日、県内で戦略的に観光事業を進める浜松・浜名湖エリアを訪問し、ヤマハや天竜浜名湖鉄道など観光地を視察した。来年4~6月に静岡県内の自治体とJRグループが共同で実施する静岡デスティネーションキャンペーン(DC)の進行、整備状況を確認した。

 視察団は、静岡DCを迎える前に、静岡県、静岡県観光協会、JR東海が進行状況などを確認するために結成。現地視察やヒアリングを通し、県全域のDC成功に向け事業を推進する役割を担う。

 視察には、静岡県DCアドバイザーで静岡県コンベンションアーツセンター、グランシップ館長の石塚正孝氏や静岡県文化財団専務理事の高木利夫氏、静岡県観光協会国内誘客課課長の中野雅治氏、JR東海静岡支社支社長の大山隆幸氏らが参加。今年7月にオープンし、ヤマハの軌跡や楽器の使用体験などができるイノベーションロードや天竜浜名湖鉄道、龍潭寺、ボートレース浜名湖、龍雲寺などを訪問し、観光プログラムを体験した。

 現在、浜松・浜名湖エリアでは、浜名湖観光圏で実施したマーケティング分析に基づく特別プログラムの開発(10月時点で48プログラム)、旅行事業者を対象としたセールスや視察旅行の実施によるBtoB向け事業の実施、DC専用パンフレットやポスターの制作、専用サイト整備によるBtoC向け事業の実施などに取り組み、準備を加速している。


視察の様子

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram