青森県西目屋村と近畿日本ツーリストとクラブツーリズム、「観光振興及び地域活性化に関する包括連携協定」を締結

  • 2022年12月4日

 KNT-CTホールディングス(東京都新宿区、米田昭正社長)のグループ会社である近畿日本ツーリスト(東京都新宿区、髙浦雅彦社長)とクラブツーリズム(東京都新宿区、酒井博社長)は2022年11月28日、青森県西目屋村と、西目屋村の観光資源を活用した交流人口の増加と相互の情報共有により地域の活性化と住民生活の向上に寄与するため、「観光振興及び地域活性化に関する包括連携協定」を締結し、同日、西目屋村「ブナの里白神館」にて締結式を実施した。

協定締結式の様子(左より)クラブツーリズム 取締役 中村、西目屋村 桑田村長、近畿日本ツーリスト株式会社 取締役社長 髙浦協定締結式の様子(左より)クラブツーリズム 取締役 中村、西目屋村 桑田村長、近畿日本ツーリスト株式会社 取締役社長 髙浦
 近畿日本ツーリストおよびクラブツーリズムは、西目屋村への旅行商品造成を行い、観光を通じた各種産業および地域全体の活性化と推進を図ってまいります。

 

包括連携協定の主な連携・協力内容
① 「観光・イベントを通じた交流人口の拡大に関する事項」
② 「産業・経済・文化・歴史・スポーツの振興に関する事項」
③ 「地域の魅力発信及び地域経済の活性化に関する事項」
④ 「その他、目的を達成するため、三者の連携協力に関し必要な事項」

具体的な取組みについて
 近畿日本ツーリストとクラブツーリズムは、かねてより西目屋村が進める世界自然遺産白神山地を活用した観光振興にあわせ、暗門の滝を始めとする白神山地の散策に加え、宿泊や昼食などに係る村内観光施設の利用を通じて、西目屋村への観光客の誘客を図ってまいりました。来年度、白神山地の世界自然遺産登録30周年を迎えるにあたり、今後、より一層、観光による地域振興を連携して取り組んでいくことを目指し、今回の連携協定の締結を契機として、以下の取組みを進めてまいります。

・近畿日本ツーリスト: 白神・西目屋村の「食」や「マタギ文化」や各種体験を組み合わせた着地型コンテンツ開発や、それらを活用したツアーの造成、学生団体を対象とした教育旅行、スポーツ合宿などの需要の取り込み

・クラブツーリズム: 西目屋村の保有するコンテンツを活かした白神山地散策など、アウトドアを組み込んだプランや、白神・西目屋村の「食」やマタギ文化や各種体験を組み合わせたテーマ型旅行の企画販売

 KNT-CTホールディングスグループは、2021年12月に政府が発表した「SDGsアクションプラン2022」を受け、重点施策として、お客さまのウェルビーイング(幸福で健康的な生活)につながるツアーや、ユニバーサルツーリズムの推進、質の高い教育旅行の提案、自治体等とのタイアップによる地域経済の活性化などを設定いたしました。とくに、「地域との密接な連携による地域振興」は重要テーマの一つであると捉えており、この取組みに対する西目屋村のご賛同により連携協定を締結する運びとなりました。

【締結式でのコメント】
西目屋村 桑田 豊昭村長
 本日の協定締結を契機として、三者がそれぞれの強みを生かしながら、連携して誘客拡大と地域活性化に取り組み、ウィズコロナ、そしてポストコロナにおける観光産業の本格的復興を着実に進めていくことを強く期待しています。また、来年は1993年に白神山地が世界自然遺産に登録されてから、三十周年を迎える節目の年となります。この記念すべき機会を最大限に活用し、さらなる誘客促進につなげるため、両社のお力添えを賜りながら、より魅力的な観光地域づくりに取り組み、白神山地の普遍的な価値と魅力を国内外に発信していく所存でございます。

近畿日本ツーリスト株式会社 代表取締役社長 髙浦 雅彦
 近畿日本ツーリストは白神・西目屋村の「食」や「マタギ文化」や、各種体験を組み合わせた着地型コンテンツの開発と、それらを活用したツアーの造成、学生団体を対象とした教育旅行、スポーツ合宿などの需要の取り込みを目指し、観光・イベントを通じた交流人口の拡大を通じて、地域経済の活性化に寄与していきたいと思っております。地元の青森支店を西目屋村の魅力の発信基地として、誘客だけではなく、地域の課題を解決するために皆様と共に取り組ませていただきます。

クラブツーリズム株式会社 取締役 創造事業本部長 中村 朋広
 西目屋村エリアの豊かな自然素材と旅行の親和性は高いと考えております。クラブツーリズムが得意としているテーマ型旅行のプログラムを数多く開発、誘客につなげ、地域の更なる可能性を高めて参りたいと思います。さらに、西目屋村のみならず、周辺地域を含めた豊かな自然資源を軸に、新たな自然体験コンテンツを開拓し、青森県をけん引する観光地となるよう、西目屋村と一緒に取り組んで参りたいと存じます。
 

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram