青森県、青森県民 Webムービー「ディス(り)カバリー青森」第2弾を公開

  • 2017年8月15日

 青森県は9日、青森県民 Webムービー「ディス(り)カバリー青森」第2弾を公開した。

 青森県は、関西圏への観光PRの一環として、吉本芸人の諸見里大介さんと青森県民がラップバトルをするムービー「ディス(り)カバリー青森」第2弾を、「ディス(り)カバリー青森」公式YouTubeチャンネルにて2017年8月9日より公開いたします。
今作では、前作で青森の魅力を知った諸見里さんが「リベンジや!!」と青森県に上陸。青森観光をしながら県民と熱いラップバトルを繰り広げます。

Webムービー「ディス(り)カバリー青森2」:https://youtu.be/aSi_gUs2Qk8

 

■諸見里さんまたまたラップに挑戦 今度は実際に青森観光へ!

制作背景
 2016年12月、青森県は「関⻄圏の皆様に⻘森の良さをもっと知ってもらいたい!   ⻘森に来てもらいたい!」という思いから、ラップバトル形式の動画を公開しました。公開3カ月で35万再生超というご好評にお応えし、このたび第2弾を制作。前作に引き続き、⻘森をディスる※1レペゼン※2関西は滑⾆悪い芸⼈『諸⾒⾥⼤介』さん、それを迎え撃つのは超難解な方言を操る⻘森県⺠です。前回は大阪にいる諸⾒⾥さんに青森の魅力を紹介する、という形式でしたが、今回は諸見里さんが青森県に上陸実際に青森の名所を巡り、その先々で青森県民とバトルを繰り広げます。

 今回もディスって、ディスられて、⻘森の魅⼒を新発⾒!?」をテーマに、「滑⾆悪い関⻄弁VS⻘森の⽅⾔で⽇本⼀難解なラップバトルを⽬指しました。もちろん字幕機能は必須です。

1 ディス(ディスる/ディスり)とは
ヒップホップの流れを汲む言葉。「批判する」に近い意味で使用されており、若年層を中心に浸透しています。
2 レペゼンとは
「Represent」=「代表」の意味。ヒップホップシーンでよく使われます。

◆概要と見どころ
 関西といえばお笑いということで関西代表に選ばれた「聞き取りにくい」滑舌の悪さが特徴吉本芸人諸見里大介さん「聞き取れない青森の方言ネイティブスピーカーラップバトルを描いたWebムービー、「ディス(り)カバリー青森」。お互いにディスり合う諸見里さんの滑舌の悪さと青森の方言の聞き取りにくさはもちろんのこと、ラップでしっかりと青森の魅力をアピールしていく青森県民にも注目です(言葉の意味がわからない場合は字幕機能をONにしてご覧ください)。「滑舌悪い」諸見里さんVS「方言」青森県民の「超聞き取りにくいラップバトル」をぜひご覧ください。

 ラップ対決第2弾の舞台は青森。「リベンジや!!」と本拠地・青森に乗り込んだ諸見里さんが彼女と観光名所を回るというストーリーです。旅先で諸見里さんとバトルを繰り広げるのは、前作に出演し話題を呼んだ“ホタテ漁師”、“女子高生”の他、横丁のママさんら、新しい人物も加わった青森県民勢。青森の楽しみ方を難解な方言でわかりやすく(?)伝えています。同じ青森の方言でも実は異なる部分の多い「津軽弁」・「南部弁」の違いも楽しめます。そして、前作に引き続き、ムービーの最後には青森県知事・三村申吾も登場知事自ら体を張った演出で青森をアピールする姿に、青森の本気が表れています。 

諸見里さん 収録後インタビュー
 「今回はでしゅね、しゅごいタイトなシュケジュールだったんでしゅけども、青森のいろんなとこめぐれてしゅごい良かったでしゅ。じぇんかいは僕はかんしゃいにいたんでしゅけど、今回じっしゃいに青森に来て、青森のいろんなとこめぐって体験しましたので、青森の良しゃが、しゅごいでてると思いましゅ」と、今作での見どころを語ってくださった諸見里さん。

 さらに「意外とでしゅね、近くて、おおしゃかから1時間半ぐらいでこれて、撮ったときは6がちゅなんしゅけども、しゅごいしゅじゅしくて、なちゅもしゅごしやしゅいのでみなしゃん、新たな避暑地として、じぇひ青森をえらんでくだしゃい。僕もおしゅしゅめしましゅ。青森対かんしゃいのラップなんでしゅけども、しょれ以外の地域の方も、じぇひ、青森に来てくだしゃい! おねがいしまーしゅ!」と、青森をおすすめしてくれました。

 インタビュー収録中には「避暑地」をド忘れしてしまい、「なんていうんでしゅっけ、かるいじゃわのやちゅ…」と困っていた諸見里さんに「別荘?」「避暑地?」とスタッフが助け舟を出すシーンもあり、気負いすぎず楽しい雰囲気の現場でした。

諸見里さんプロフィール 吉本興業株式会社HPより抜粋

名前:諸見里大介(もろみざとだいすけ)
性別:男
生年月日:1982年7月21日
身長 / 体重:187cm / 105kg
血液型:B型
出身地:沖縄県
趣味 / 特徴:サイクリング / 顔が長い
2004年NSC大阪校27期生

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram