青森県、新幹線やフェリーで巡る「立体観光ルート」で集客~三村知事がトップセールス

  • 2017年11月13日

 青森県は10月30日、東京のホテルメトロポリタンで「青森県・津軽海峡周遊観光セミナー」を開いた。三村申吾知事が同県と北海道南を新幹線やフェリーで巡る2泊3日の「立体観光ルート」をセールス。「新しい周遊ルートを皆さまの力で育ててほしい」と旅行業者らに訴えた。

 青森県では昨年の北海道新幹線開業や「青森県・函館デスティネーションキャンペーン(DC)」開催を受けて、県内にとどまらず、北海道南を含めた新しい観光ルートの開発に努めている。

 例えば(1)北海道新幹線の新函館北斗駅から北海道江差町や松前町を巡り、再び新幹線で青森県に入り、弘前や十和田湖を巡るルート(2)空路函館入りし、津軽海峡フェリーで青森県大間町に上陸、下北半島や十和田市、八戸などを巡るルート―を設定している。空路や陸路、海路を利用することから立体観光ルートと命名した。
 さらに「アオモリ・モビリティ」と題した自転車やボートで自然を巡る新しい旅のスタイルも提案。

 来年春から初夏のコンテンツとして、女性だけが出場できる全国でも珍しい大会「桜流鏑馬(やぶさめ)」(十和田市、4月21、22日)、「和船」による濠巡り「弘前公園 中濠観光舟」(弘前市、4月21日~5月6日)などをPRした。

関連する記事

道後温泉別館飛鳥乃湯泉(あすかのゆ、松山市)が12月26日にグランドオープンした。9月には入浴施設部分が先行オープンしていたが、中庭や回廊、広場などが完成。隣接する道後温…

続きを読む

沖縄県と沖縄観光コンベンションビューローは12月22日、沖縄修学旅行フェアを大阪市内で開催した。学校、旅行会社の修学旅行担当者などが参加。修学旅行に関するセミナーや個別ブ…

続きを読む

JR東海は、「そうだ 京都、行こう。」公式インスタグラム(@soudakyoto_official)を始めた。 JR東海「そうだ 京都、行こう。」キャンペーンは、2018…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

2016年度「部門別・旅館ホテル100選」(2017年1月14日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒