阪急交通社、農業観光の促進で鶴岡市と連携協定

  • 2019年8月7日

握手をする皆川市長(右)と酒井専務

 阪急交通社と山形県鶴岡市は7月25日、「農業観光連携事業に関する協定」を締結した。阪急交通社が農業観光の促進で自治体と協定を結ぶのは初めて。「今後も機会があれば、(協定を)積極的に検討していく」(広報部)という。同日、鶴岡市役所で皆川治市長と阪急交通社の酒井淳専務執行役員が協定書に調印した。

 協定の主な内容は、(1)農業分野を中心とした収穫などの農業体験ツアーの企画、実施(2)市への誘客促進に関する協力(3)食と農における鶴岡ブランドの発信に関すること―など。

 地域活性化を目指す市と、観光素材の商品化に関するノウハウと全国における企画、販売ネットワークを持つ阪急交通社が連携することで、地域独自の「食」「農」「観」を生かした旅行商品を全国に発信、「農業を軸とした地域経済の振興を図る」(同)としている。


握手をする皆川市長(右)と酒井専務

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram