阪急交通社、観光列車サミット対応の日帰り2コース設定

  • 2019年2月21日

 阪急交通社は6日、特別運行するJR九州の列車に乗り、「観光列車サミットin人吉球磨」のイベントを楽しむ日帰り旅を発売した。

 同サミット(3月22~23日)は、SL人吉の運行開始10周年を記念した参加型イベント。22日のオープニングイベントには実際に九州を走っている人気の観光列車が人吉に集合する。

 同社の企画は、JR博多駅から人吉駅の区間を、イベントに合わせて運行される観光列車や九州新幹線での列車旅を楽しみながらイベント会場を訪れるもの。

 具体的には、往路は博多駅から初運行となる「特急いさぶろう・しんぺい」を貸し切り、復路は「特急かわせみやませみ」に乗車する38人限定コースと、往路は「SL人吉」に乗り、復路は貸し切りの「特急A列車で行こう」に乗る80人限定コースの2コースを設定。

 ツアー参加者には記念乗車券や非売品の列車グッズをプレゼントするほか、車内アナウンスも体験できる(多数の場合は抽選)。

 38人コースの旅行代金は大人1万6千円、子ども(6歳以上11歳以下)8千円。

関連する記事

近畿日本ツーリスト関東は、「刀剣乱舞-ONLINE-」特別旅行プランを発売した。 KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区 社長:丸山 隆司)のグループ会…

続きを読む

日本旅行はこのほど、JR西日本の「ハローキティ新幹線」の団体臨時列車を利用する神戸と淡路島への旅行商品を発売した。昨年、淡路島にオープンしたレストラン「HELLOKIT…

続きを読む

JTBが2019年度に掲げた宿泊販売の目標4500億円を達成するにはグループ会社の総合力の発揮が欠かせない。JTBグループの主要な旅行事業会社のトップに国内宿泊の販売方針…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube