阪急交通社、上野・仙台間「現美新幹線」貸切ツアー 旅行会社で初 

  • 2020年10月18日

 阪急交通社は5日、今年12月に定期運行を終えるJR東日本の「現美新幹線」=写真=を旅程に組み入れたツアーを発売した。上野―仙台間で貸し切り運行するのは旅行会社で初めてという。

 現美新幹線は2016年4月に運行開始。「移動する現代アートの美術館」をコンセプトにした車両で、芸術鑑賞と列車の旅が楽しめる。

 ツアーは通常運行しない上野―仙台間と、新潟―上野間(新潟―越後湯沢間は定期運行あり)を2日間にわたり2往復貸し切り運行し、「東京、仙台、新潟から東北や上越、関東方面の旅行商品として企画した」という。

 11月12、13日、12月8、9日の4日間限定。11月12日に実施する上野発「秋保・瀬波2つの名湯・名旅館をめぐる 晩秋のおもいで3日間」は、塩釜神社や立石寺、新発田城などを巡り、秋保温泉のホテルニュー水戸屋、瀬波温泉の大観荘せなみの湯に泊まる。旅行代金は大人1人12万5千円だが、Go Toトラベル支援金適用後は9万7千円になる。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram