閲覧者数1位は大阪府 都道府県公式観光情報サイト

  • 2021年3月12日

 日本観光振興協会とネット行動分析サービスを提供するヴァリューズはこのほど、観光関連ウェブサイトの2020年の閲覧者数をまとめた。都道府県別では大阪府、三重県、沖縄県の公式観光情報サイトがトップ3となった。

 パソコン(PC)、スマートフォン(スマホ)ともに閲覧者数1位のサイトは「OSAKA―INFO」(大阪府)で、以下、「観光三重」(三重県)、「おきなわ物語」(沖縄県)、「ながさき旅ネット」(長崎県)、「富士の国やまなし観光ネット」(山梨県)だった。

 OSAKA―INFOは大阪観光局の公式ウェブサイトで、20年の閲覧者数はPCが136万人、スマホ130万人。いずれも前年比約30%増と高い伸びを示し、唯一100万人台にのせている。「農水省の『Go To Eat大阪キャンペーン・プレミアム食事券事業』がスタートした20年10月に急増しており、情報を求めてユーザーが集まったようだ」としている。

 「旅行・交通」カテゴリーでは、PC、スマホともに昨年同様、1位「じゃらんnet」、2位「楽天トラベル」となった。

 宿泊予約サイトの閲覧者数は前年比2割前後ダウンしており、コロナ禍による外出自粛、都道府県間の移動自粛要請などの影響があったとみられる。

 一方、「一休ドットコム」やお出かけ情報メディア「aumo」などはユーザー数を伸ばした。

 aumoはPCが前年比41.5%増、スマホは同16.1%増となり、Go Toトラベルやイートにより国内や近場の外出、グルメに消費者の関心が高まったことが要因のようだ。

 また、ネットで「観光」と同時に検索されているキーワードを調べたところ、「観光庁」をはじめ、「コロナ」「キャンペーン」「GO」など、検索行動でも新型コロナの影響が出ていることが分かった。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram