錦帯橋でう飼始まる

  • 2021年7月16日

錦帯橋をバックに行われるう飼は幻想的なムードを醸し出す

 山口県岩国市の夏の風物詩「錦帯橋のう飼」が7月1日から始まった。昨年、新型コロナウイルス禍で中止になった乗合船の運航も再開する。9月10日まで。

 う飼は例年、錦川のアユ漁解禁の6月1日にあわせ開幕しているが、コロナの影響で開始日を延期した。

 貸切船や乗合船の運航時間は午後7~9時で、料金は大人(中学生以上)2200円、小人(小学生)1100円。乗合船のテーブルにはグループ別にアクリル板を設けるなど、感染防止対策を講じる。

 恒例の「ゆかたDAY」(7月4~9、20日と8月5日)も実施。浴衣姿の乗船客は大人の場合3200円(乗船料+弁当+お茶代)。

 コロナの影響がなかった19年の来場者は5148人だったが、20年は1467人と大幅にダウン。今年は1500人ほどを見込んでいる。

 錦川のう飼の起源は約400年前といわれる。ライトアップされた錦帯橋を背景に、鵜船のかがり火の川面が映る中、烏帽子(えぼし)や腰みのなど古式豊かな衣装に身を包んだ鵜匠が巧みな手縄さばきで鵜を操るさまは、一見の価値がある。


錦帯橋をバックに行われるう飼は幻想的なムードを醸し出す

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram