金沢港へのクルーズ船、18年の乗客数は過去最多の4万8265人

  • 2019年3月16日

 石川県はこのほど、2018年の金沢港へのクルーズ船の寄港数と総乗客数(速報値)を発表した。それによると、寄港数は47本で、前年比8本減少したものの10万トン超の大型船が7本あり、総乗客数は7876人増で過去最多の4万8265人となった。

 富裕層が利用するラグジュアリー船は24本となり、観光消費額などの経済効果も出た。

 金沢港は5キロ圏内にJR金沢駅や有名な観光地があり、高速道路の入り口も近い。寄港後の立ち寄り観光も金沢周辺に限らず、県内の加賀や能登方面に加え、立山黒部アルペンルート、世界遺産の白川郷や東尋坊といった他県の観光地へと広がっている。

 国内クルーズ客は北陸新幹線や特急サンダーバードを利用した首都圏や関西地区からの利用者も多い。

 石川県は利用が急増するクルーズ客の受け入れを強化するため金沢港クルーズターミナルを2020年春までに整備する予定。

関連する記事

震災前には届かず 福島県がこのほど発表した「観光客入込状況」によると、2018年は5633万6千人(前年比3.4%増)となり、東日本大震災後の最多を記録した。しかし、10…

続きを読む

栃木県の日光市観光協会によると、鬼怒川・川治温泉のイベント「月あかり花回廊」(9月28日~10月7日、鬼怒川公園内)が今年、節目の第10章を迎える。イベントは11回目だが…

続きを読む

香川県は観光振興などを目的に、日本航空(JAL)と包括連携協定を結んだ。これまで、「さぬき讃フルーツ」のブランド化への取り組みなどを通して県産品の振興に努めてきたが、協定…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube