金沢市、宿泊税の徴収を開始 1人1泊200円と500円

  • 2019年4月19日

 金沢市は1日、宿泊税を導入した。市内の旅館・ホテルなど宿泊施設に泊まる観光客から1人1泊あたり200円、500円を徴収する。初年度(11カ月分)税収は6億6千万円を見込み、観光客の受け入れ環境の充実などに活用する方針だ。

 宿泊税の導入は東京都、大阪府、京都市に続いて全国で4番目となる。

 宿泊税の対象は民泊を含めた全ての宿泊施設で、1人1泊に付き、宿泊料金が2万円未満の場合は200円、2万円以上は500円が課税される。

 宿泊施設(特別徴収義務者)が宿泊客から徴収し、市に申告、納入する仕組み。

 宿泊税は、(1)まちの個性に磨きをかける歴史・伝統・文化の振興(活用額2億4770万円)(2)観光客の受け入れ環境の整備(同1億9450万円)(3)市民生活と調和した持続可能な観光の振興(同1億7610万円)―などに充てる。

 観光客の受け入れ環境の整備では、公衆無線LANのエリア拡大や重伝建地区の説明版の英語併記など「インバウンド対策の強化」のほか、「宿泊施設のおもてなし力向上」のため、改修への支援、植物アレルギーに対応した店舗情報の周知などに取り組む。

 また、夜の観光を充実させるため、伝統文化を披露するナイトシアターの開催や金沢らしい夜間景観を創出する。さらに、災害時における訪日客の不安を解消するため、多言語防災情報の発信や宿泊施設の従業員に対する救命講習会を開く。
     

関連する記事

観光庁はこのほど、2019年度事業で観光資源の多言語解説の作成を支援する地域として、公募の結果、106地域を選定した。支援地域の観光資源の分野別の内訳は、世界文化遺産関係…

続きを読む

日本観光振興協会はこのほど、第67回「日本観光ポスターコンクール」の優秀作品を発表した(既報)。国土交通大臣賞は群馬県富岡市、総務大臣賞は秋田県の作品が受賞した。ここでは…

続きを読む

宿泊施設の19年2月の客室稼働率(第2次速報)は、前年同月比0.9ポイント増の61.0%だった。28道府県が前年同月の実績と比べてプラスとなった。 施設タイプ別では、シ…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube